熟年離婚の方法 > 熟年離婚の慰謝料について

熟年離婚の慰謝料について

最近まで熟年夫婦の離婚率は減少傾向にありましたが、2007年4月を境に増加しているようです。

原因は年金分割制度の導入にあると考えられていて、この制度を待って離婚に踏みきった夫婦が多いということが言えます。

また熟年離婚予備軍も多くいそうで団塊の世代の人たちがこれにあたるとされていて、ますます離婚する夫婦は増えるのではないかと考えられています。

この制度は今までのシステムとは違い旦那の年金を分割して受け取れると言うもので、熟年世代が離婚して新しい人生を踏み出すための手助けになりそうな制度です。
だからと言って決して離婚を進めている訳ではないので誤解しないでくださいね。

また、その他離婚に伴って慰謝料を受けとることができます。

離婚の原因となる事柄に対する精神的苦痛に対しての金銭的な賠償のことを離婚の慰謝料と言います。

どういうことが離婚の原因になって慰謝料の対象になるかと言うと例えば浮気、暴力、生活費を入れないなどがあげられると思います。よく言う性格の不一致なんかはあまり慰謝料の対象にはならないケースが多いと思います。

また、離婚の慰謝料ですが精神的苦痛をお金に換算するのは難しく一概にいくらとは言えませんが200万~300万位が相場の金額ではないかと思います。
しかし、熟年離婚の場合はちょっと変わって婚姻期間の長さ、相手の社会的地位の高さからみて、若い夫婦よりはもう少し慰謝料が高くなるのが相場です。
300万~500万位が相場の金額ではないでしょうか。