熟年離婚の方法 > 熟年離婚時における年金分割に対しての誤解

熟年離婚時における年金分割に対しての誤解

離婚というと離婚後にかかるお金の事を考えてしまう方は多いと思います。特に専業主婦の場合は仕事を探すのも大変でしょうし、ましてや熟年離婚をした場合は特に仕事など探すのは大変で当面の生活費にも困ることも多いと思います。

その為にも、慰謝料や財産分与などお金に関わる決め事はしっかり行わなければならないところです。

その一環として熟年離婚の手助けとなるかもしれない年金分割制度が始まりました。この制度がスタートした2007年4月以降は熟年世代による離婚件数が増えたといわれています。この制度が始まるときには色々なメディアで話題になったと思いますが、まだまだ知らないこと、誤解していることが多いと思いますのでここで少しご説明してみたいと思います。

2007年4月以降に始まったこの制度、はじめは協議しなければ分割できなかったのですが2008年4月以降は協議をしなくても自動的に年金が分割できるようになったようです。ですからわざわざ協議して分割を決めなくても2008年まで待って自動的に分割されるようになるのを待つ人も多くいたと思います。

これだけ聞くとすごくいいように感じますが、ちょっとした誤解があるかもしれません。自動的に分割できる年金は2008年4月以降に支払った分だけで、それ以前に支払った分に関してはやっぱり協議して決めなければならないので結局は一緒ということになります。

ですから、その分の誤解もきちんと理解しておいた方がいいと思います。