熟年離婚の方法 > 熟年離婚に関するお金の話

熟年離婚に関するお金の話

離婚をしようと考えたとき、離婚後の生活のことなど金銭面のことも考えなくてはいけません。

慰謝料や財産分与など専業主婦できた人たちにはしっかり考えなくてはならない部分です。

この慰謝料や財産分与の他に熟年離婚などの場合は年金も分割されて支払われる制度ができたことはご存知でしょうか?

しかし、年金が分割されるからと言って喜んでばかりもいられません。

ここで年金分割に関するちょっとした誤解を解いておこうと思います。

まず始めに分割対象となっている年金は厚生年金のみです。

国民年金は分割対象外ですので、自営業の方などはもらえないようなシステムになっています。

次に分割される年金は婚姻期間中に支払ったものに対してのみ対象となります。

ですから熟年離婚の場合は20年以上婚姻期間があるのでいいとは思うのですが、晩婚などで婚姻期間が短い場合はそれなりの金額しかもらえませんので注意してください。

なんとなくこの年金分割制度は妻が得をするようなイメージがありますがそれは違います。

例えば夫婦共働きでどちらも厚生年金に加入している場合は二人分を合わせた金額を分割しますので、妻側の方が収入の多かった場合は妻側が逆に夫に対して支払うといった形になります。

また年金受給に対しての誤解ですが、年金分割が離婚時に決まった場合でも受けとる本人が受給年齢に達してないと年金はもらえませんので注意してください。

ですからいくら元夫が年金をもらっているからと言って元妻もすぐにもらえるとは限らないと言うことです。

このように誤解したまま離婚をして「こんなはずではなかった」と嘆いてしまっても離婚してしまってからでは遅いのです。

ですからきちんとした知識を持ち、年金分割を考慮する必要があります。

これだけ見るとかなりお得な制度のように思えますがもらえる金額はさほど多くないのが現実だと思います。

ですから「もらえないよりはマシ」と言うような感覚でいたほうがいいと思います。