熟年離婚の方法 > 熟年離婚と年金分割

熟年離婚と年金分割

2007年4月から年金分割制度が始まりました。
簡単に言ってしまうと離婚したら年金が半分もらえるといったものです。
ただし夫が妻に対して年金を分割するのではなく、年金給付が多い方が少ない方に支払うと言った意味合いですので勘違いには充分注意する必要があります。

この制度が制定されると分かる前までは離婚率は熟年、そうじゃない人に限らず増加傾向にあったのですが、この制度が施行される前は熟年夫婦の離婚率が減少したということです。
多分制度がスタートするのを待って離婚しようとする離婚予備軍が多かったのではないかと思います。

離婚はしないで済むならしない方がもちろんいいと思います。しかし、いろいろな事情で離婚する夫婦ももちろんたくさんいるでしょう。
離婚すると一番気になることは離婚後の生活、特に金銭面だと思います。熟年世代で今まで専業主婦で来ていた人が急に離婚して働こうとしてもなかなか難しいものがあると思います。もちろん財産分与もするし、離婚理由によっては慰謝料も発生すると思います。

しかし、本当にきちんと支払われるのか不安になったりしますよね。

そこで少しでもそんな熟年世代の人たちを救済しようと制定されたのが「年金分割制度」です。

この制度は厚生年金が対象となるので、国民年金に加入している自営業の人には関係がないのですが、婚姻期間中に支払った厚生年金について配偶者にも離婚時に分割して支払いましょうということで、今までは夫名義で厚生年金を支払えば受給も夫にだけ支払われ、妻はわずかな国民年金の給付だけだったのですが、これにより年金格差があまり無くなるようになったり、離婚後の高齢者独身者の極貧生活が少しでも救済されたりすると思います。