熟年離婚の方法 > 熟年離婚の慰謝料について2

熟年離婚の慰謝料について2

慰謝料というのははっきり意味合いを持っているもので、損害賠償金の一つとして捉えられているものです。よくテレビなんかで芸能人夫婦が離婚した場合に高額の慰謝料が支払われるケースを目にしますが、それは財産分与もあわせたものを慰謝料と言っているので混同はしないようにしてください。
一般的には離婚に対する慰謝料はそんなに高額なものではありません。

慰謝料の請求というのは離婚したときにしなくてもよく、期限は離婚成立の日から3年間有効として設定されています。ですからその期限内に請求をするのであればするようにしてください。
但し、特例はあります。慰謝料請求に期限があることを知らなかった場合、相手が支払うと合意した場合などは3年という期限が過ぎても請求はできるようです。ここで注意が必要なのは最初から慰謝料の放棄をした場合です。後からやっぱり請求したいといってもその事を覆すのは大変ですので注意するようにしましょう。

最近多いのは「熟年離婚」ですが、熟年離婚時の慰謝料というのはとても重要な項目です。慰謝料と年金分割を比較して請求するなど交渉次第ではより多くのお金を請求することができますのでじっくり考えて請求をするようにした方がいいと思います。

ただし、当然性格の不一致などお互いに非がないような状況で離婚をする場合は「慰謝料」そのものが発生する確率は低いので注意するようにしましょう。

熟年離婚でも、そうじゃない離婚でも慰謝料についてはよく考え請求することをおすすめします。